筆者が参加しているとある勉強会で「ドローンって家で飛ばせるんだよ」とお話ししたところ、興味をもってくださった人がいらっしゃいました。その中には女性もいましたので、初フライトの様子を撮らせてもらいました。

室内でドローンが飛ばせるの?

筆者はここのところオンもオフも、ドローン、ドローン、ドローンでございます。

そんななか、とあるIT系の勉強会に顔を出したところ「最近ドローンに熱心ですよね」と参加者の方から声をかけられたので、Tiny Whoopをはじめとしたマイクロドローンについてお話ししました。

「室内でも飛ばすこともできるんですよ。侍SAMURAI DRONE SHOPでも扱ってますので!」とお伝えしたところ、「ぜひほしい!」とのことでしたので、初めて試すにはうってつけのH36をお買い上げいただきました。

まいどあり!

本日、勉強会が開催されましたので侍SAMURAI DRONE SHOPから譲り受けたH36を持って行き、メンバーに渡したところ、さっそく飛行会が始まりました。

予想外に女性メンバーの食いつきが良かったです。私見ですが、女性の方が考えずにドローンを操作するので、上達するのが早いように見えます。実際、写真の女性たちも数回ホバーさせただけで、高度維持のコツをつかんでいました。

マイクロドローン女子熱中の図(その2) マイクロドローン女子熱中の図(その3) マイクロドローン女子熱中の図(その4)

このあと、Tiny Whoopの大会の動画や、ハウステンボスで開催されたJDRAさん主催の大会の動画をみんなで見たところ大興奮。


「カメラも載せられるんだ」「FPVを体験してみたい」と興味を持ってもらえ、次々といろいろな質問を受けました。

こうしてまたマイクロドローン女子が生まれました。

まだまだ知られていないマイクロドローン

このブログを読まれている読者の皆さまからしますと「それほど驚かなくても」と思えるマイクロドローンですが、これまで興味を持っていなかった人には驚きに値するものなのだなということを実感しました。

先日もTaki Denki Japan micro drone circuitのオーナーである滝さんがラジオの取材を受けるにあたり、事前インタビューで「ドローンは音がしますか?形はどうですか?鳥みたいな形ですか?」という質問を受けたそうです。

このことは裏を返すと、ドローンを知って新たな楽しみを見つけられる人が、まだまだ世の中にはたくさんいる可能性があるということです。

読者の皆さんもぜひ、ドローンについて詳しくない人に聞かれることがあったら「室内でも飛ばせるマイクロドローンっていうのがあるんだよ」と話をしてみてください。

Comments

comments

The following two tabs change content below.
ハードウェア・ソフトウェア開発集団、有限責任事業組合アプライトネスのメンバーです。「なにこれ、面白そう!」の実現をお仕事にしています。ドローンおよび周辺機器のハードウェア・ソフトウェアの開発もその一環です。