先日、FPVをAndroidスマートホンで手軽に楽しめるEASHINE ROTG01の「ご使用方法」を公開しました。このレシーバーですが、パソコンで利用する方法があるのでご紹介します。

ガジェットに詳しい方でしたら、試してみた方もいるかもしれませんが、このレシーバーはUSB接続。もしやAndroidだけでなくパソコンでも使うことができるのでは?ということで

メーカーからはAndroidにつなげて使用する以外、なにも説明の無い(保証対象外)利用方法ですが、試してみました。

EASHINE ROTG01 本体

MicroUSBケーブル別途準備。

組み立てて、接続。

パソコンに接続して準備完了。

次に、アプリ「VLC Player」をインストール。

>>入手先はコチラ

VLC Media Playerは、フリーなマルチプラットフォーム対応のマルチメディアプレイヤーで、DVD、オーディオCD、VCDや様々なストリーミングプロトコルを再生可能なフレームワークです。

インストールして、起動します。

次に、今回使用するEASHINE ROTG01からビデオ入力できるように、ファイル>キャプチャデバイスを開くを選択します。

設定画面が開きますので、上の画像のように設定しましょう。

  • Videoにチェック
  • USB2.0 PC CAMERAを選択
  • 画像の幅 800
  • 画像の縦 480

開くをクリックします。

レシーバー本体の赤いボタンを長押ししてスキャンしましょう。

安定した映像が表示できれば完了。

MacbookPro15インチでフルスクリーン表示

さらに、VLCというアプリは表示するためだけではなく、録画やライブストリーミング機能もあり、世界中にライブ放送できちゃう優れもの。設定方法は、少しネット配信の知識が必要ですが環境が整っていればGoogle検索しながらできると思いますのでチャレンジしてみてください。

使用した環境はこちら

  • HINE ROTG01 レシーバー
  • MacbookPro15 MacOS 10.12.5
  • VLC Media Player アプリ
  • MicroUSBケーブル

紹介したレシーバーはコチラの商品


マイクロドローンレースなどのイベントに行く機会があれば、試してみたいと思っています。

今後も、面白いネタなど見つけたら公開していきます。最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

シェア頂いたり、面白かったなど、感想いただけるとうれしいです。

それではみなさん、楽しいマイクロドローンライフを!

 

Comments

comments

The following two tabs change content below.
ノマドブロガー内海です。WEB関連のサポート業務 CFJC 、ドローン空撮 D-SHOT として活動しています。よろしくお願い致します。