アートプロジェクトの第2回ミーティングに参加するために、大阪芸術大学に行ってきましたので、その様子をレポートします。あわせて、第1回で発足した大阪芸術大学ドローン研究会のミーティングも開催されましたので、こちらの様子もレポートします。

どうも、侍SAMURAI DRONEコミュニティの若山です。
暑い名古屋から抜け出して、大阪へ行ってきました。
しかし、大阪も残念ながら暑い!
ビーチも無い!!
こんなのバカンスじゃ無い!!!
とスネてましたが、そりゃあそうです。
バカンスじゃないのですから。

大阪で一体何をしてきたのか??

今回、大阪に来たのは侍SAMURAI DRONEコミュニティが協力している『大阪芸術大学ドローンアートプロジェクト』第2回目の学生たちとミーティング・デスカッションをするために行きました。もちろん、場所は大阪芸術大学キャンパスです。

このプロジェクトは、大阪市イノベーションハブ(OIH)と大阪芸術大学の官学連携の授業に侍SAMURAI DRONEコミュニティが協力させていただいております。

こちら名古屋から参加したメンバーは次のとおり。

加古さん(侍SAMURAI DRONEコミュニティ 主宰)
平岩さん(開発担当兼焼きそばパン係)
曽根さん(オネエ系ドローンパイロット)
河合さん(今回、初参加)
若山(水浴び係)

大阪から参加したメンバーは次のとおり。

堺さん(ドローンレース場「フライトベース」オーナー)
森川さん(プロカメラマン)

『大阪芸術大学ドローンアートプロジェクト』とは

学生たちが自主的に企画、計画しドローンとアートのコラボレーションコンテンツを実現し、世の中に発表していく挑戦的でワクワクする様なプロジェクト!

このプロジェクトに、侍SAMURAI DRONEコミュニティは全面的に協力しており、月1回程度のデスカッションを行なっており、今回はその2回目。

1回目のデスカッションでは、学生の考えた企画の発表。マイクロドローンで遊び、ドローンを学生に体験してもらいました。

そして、マイクロドローンが、よっぽど楽しかったのでしょう。なんと、参加した学生たちの声かけで『大阪芸術大学ドローン研究会』というサークルを作ってしまいました。

私も学生たちの行動力を見習いたいです。いや、見習うのではなく越えねばと思い、2回目のディスカッションへ。

ディスカッション風景

2回目のディスカッションでは

次のことについて話し合いました。

  • 1.学生プロジェクト新着報告と今後の進め方について
  • 2.空撮機(Phantom4 ProやMavic Pro、Spark)の飛行体験
  • 3.大阪芸術大学ドローン研究会の活動内容についてざっくばらんに話したり、学園祭のTINY WHOOPレース実現に向けてのステップ

これらを実現するにあたっての具体的なアクションへつなげるために、学生たちとのディスカッションを通して今後の計画を立ててきました。

1.学生プロジェクト新着報告と今後の進め方ディスカッション

前回、学生たちのプレゼンで2つのプロジェクトが実現に向かって立ち上がりました。
今回は、プロジェクトの実現に向けての方法をコニュニティメンバーとディスカッションを行いました。

2.空撮機(Phantom4 ProやMavic Pro、Spark)の飛行体験

次に、ドローンのことやるなら実際に飛ばしてみないとということで一般的に空撮で使用している機体を飛ばしてみました。

ここで、私「若山」の出番。人並みにドローンを飛ばせるということでドローンの操縦・操作の基本をレクチャーさせていただきました。

操作を教えている私(奥は平岩さん)

レクチャー終了後「Let’s FLY」ということで、グループに分かれて各々思い思いに飛ばしてもらいました!

学生のみんな楽しく飛ばしていましたが、一番人気は「Spark」でした。

小さくて可愛いとか、ジェスチャー機能すごいとか、曽根さんすごいとか先生も楽しく飛ばしてました!

よかった!!

Spark離陸!!

 Spark バイバイ!!

 こちらはPhantom4 Pro!

 先生も楽しんでます!

Sparkのジャスチャー機能で撮ってます!

曽根さん!!!!!

最後に「大阪芸術大学ドローン研究会の活動と学園祭でのマイクロドローンレースの開催」に向けて

全体ディスカッション後に、食堂で「大阪芸術大学ローン研究会」のメンバーと打ち合わせ。

なんと、男ばかりかと思っていたら女性のメンバーが多いサークルでした。ドローン業界としては、嬉しいことです。(←一般的には女性が少ないのです。。)

ちょこっと、飛ばしてもらったら意外とうまくてびっくり!これは、期待大です!

これから、みんな夏休みに入るので「夏合宿を愛知でやろう!」
「TAKI DENKI JAPAN」「Whooper’s Garage Aichi」に飛ばしに行こう!
と盛り上がってうち合わせは終了。

今回のディスカッションで思ったこと

学生たちと、こうやって話すことで私たちも学び、気づくことが、たくさんありました。

  • 1.自由な発想力
  • 2.アイディアを恥ずかしがらず発信する行動力
  • 3.純粋さ

これは、若さがなせることなのでしょうか?

多分違うと思います。私たちが、大人になり社会人の時間を過ごすことで忘れてしまったことで忘れてしまったり、常識に縛られてできなくなったことだと思います。

私も、若い力に負けないよう「上記の3つ」を忘れないよう心に刻みますw

今後の『大阪芸術大学ドローンアートプロジェクト』の活動について

今後も月1回のペースで、このようなディスカッションを進めて企画の実現に向けて、活動していきます。

企画の進捗状況や発表については、随時この場で報告していきますので楽しみにしていてください!!

 

 

Comments

comments

The following two tabs change content below.
東海地方を中心し、ドローンを使った空撮や体験イベントの企画などの 事業を展開。 ドローンを通して「楽しさ」「感動」「社会に役立つ」を実践してます。 東海ドローンクラブ代表 Whooper's Garage Aichi (マイクロドローン専用サーキット)代表